受験してたときのワイ

かつて医学部を目指していた関西の私大に通う大学生。受験のことやバイトのこと。日々のこと。

精神を病んだ闇バイトとストレス0の神バイトを紹介する

 

以前のブログの続きの記事です。

 

 

3年間いろんなバイトをやってきたけど、どれも長く続かなくて、短いやつだと1ヶ月で辞めたりもした。

そんななか、唯一これは続けられそうだと思ったバイトと、何が起ころうとももう2度と働きたくないバイトを紹介する。

 

まず後者の方から紹介する。

それは

 

あるスーパーでのレジ打ち

 

これは劣悪な環境だった。上の人からいっぱい怒鳴られたし、他の人がみんなの前で怒鳴られている姿も見た。わたしは怒られることに慣れていないから、すぐにしんどくなって、辞めることを考えた。

でも、あの怖い店長に「辞めます」なんて言うことを想像すると、胃が痛んだ。

そしてやめようかやめまいか悩んでいるときに、上の人から結構きつめに怒られたことがあって、そこで私の中でなにかが終わった。

そしてその3日後にはエプロンを返して無事に辞めましたとさ。

 

 

疲労感:★★★★

給料:★

やりがい:★★

自由度:★★★

オススメ度:★

 

疲労感:レジ打ちではずっと立ちっぱなしなので足が痛くなった。

給料:最低賃金だった。

やりがい:地元の人が色々話しかけてくれたりしたのが、唯一この仕事での楽しいことだった。ベトナム人に「カワイイですネ」って言われたときは、嬉しくて思わず「めっそうもない!」という非常にわかりづらい日本語を言ってしまった。

 

自由度:髪色も自由っぽかったし、治安の悪い外国のスーパーみたいな雰囲気だった。だから結構自由かな。

 

オススメ度:タフな人は生き残れるが、わたしは軟弱ゆとりっ子なので早々に辞めた。辞める数日前に今の彼氏に告白されたけど、このバイトのことで病んでたから上の空だった。

 

 

そして、数々のバイトをやってきた中でまだ一番ましだ!ストレスがない!というバイトを紹介する。

 

くもんの採点バイト

 

疲労感:★★

給料:★

やりがい:★★★

自由度:★★★

オススメ度:★★★★

 

 

疲労感:3時間ぐらいしか働かないので、そこまで疲れない。強いていうなら、首とお尻が痛くなるかも。ずっと座ってるからね。

 

給料:これも最低賃金。全然稼げない。

 

やりがい:子どもとたまーに喋れるので、それは楽しい。子どもは元気だからなあ。

でも、基本的にずっと丸つけをしてるだけなので、やりがいはあんまないな。

 

自由度:人によるけどピアスしているスタッフもいるから、自由だと思う。服装も自由だし、持ち物も筆記用具ぐらいだから気楽。

 

オススメ度:肉体労働は苦手だけど、座っての単純作業ならできる、という人は続けられると思う。自分のやりたいことと向いていることは違うのだな、と改めて思う。わたしは飲食がやりたいことだったけど、結局それは向いていなくて、採点のような座って静かに集中してやる作業が向いてるのだと思った。

 

 

結局、まわりの人間関係が大事だということと、ある程度試してみないと自分の得意なこととかはよくわからないのだと気づいた。

スーパーのバイトも、多分周りの人が優しくてアウトローじゃなかったら3ヶ月で辞めずに半年は続いていたと思う。いや、半年っていうのも短いけど。

 

 以上、バイトの体験談でした。